Closed

松阪牛と認定されるには幾つもの資格や条件を満たしていなければなりません。

まず生産区域が見られ、三重県にある松阪市を含めた旧22市町村と旧松阪肉牛生産者の会会員であること、そして対象牛は松阪牛個体識別管理システムに登録された黒毛和種、未経産の雌牛であること、そして肥育期間は生産区域での肥育期間が最長、最終であること、最後に牛肉枝肉格付をするなどのシステムの条件を満たし出荷されたものです。

これらの条件を満たした牛が松阪牛と呼ばれます。

松阪牛が誕生するまでにはきちんとした飼育や管理が行われている必要があります。

まず生後8か月の子牛を松阪牛個体識別管理システムに登録します。

その際、エサの内容を確認したり、牛と肥育者の写真撮影をしたりします。

その後、年に数回牛の現状を確認しに行ったりするのです。

肥育農家も美味しい松阪牛を作り上げるために、牛にマッサージを施したり、牛の食欲増進のためにビールを飲ませたりするようです。

Comments are closed.