Closed

松阪牛がどうしてこんなに有名で、美味しいのかその秘密をご紹介したいと思います。

それは他の牛肉と違って、脂の融け出す温度が低いということです。

手のひらに松阪牛を載せたら、それだけで脂が融け出してしまうのです。

また、脂が肉全体に細かく、均一に散らされている、つまり霜降りになっているのも美味しさの秘密になっています。

見た目はこのように違いがあるのですが、食したらまたさらに違いを感じることができるでしょう。

まず口当たりがまろやかで、香りと旨みが口の中にいっぱいに広がることでしょう。

そしてお肉がとても柔らかい!!これは松阪牛の霜降り肉に熱を加えると脂肪の部分が溶け、その周りの赤身肉がときほぐされるからです。

牛独特の臭みなどは一切ないので、タレなどいらず、肉本来の甘味と香りを楽しむことができます。

さらに松阪牛の脂はサラっとしていてしつこくないのもその特徴です。

Comments are closed.